FC2ブログ
カテゴリー

RSSフィード
ブログ内検索

購入 W2C-Dixie「ディキシー【カオスへの挑戦】MT4資産運用システム」 

W2C-Dixie「ディキシー【カオスへの挑戦】MT4資産運用システム」の評価や実際に関係することを知りたい人は、コチラのウェブサイトが役立つかもしれません。


W2C-Dixie「ディキシー【カオスへの挑戦】MT4資産運用システム」の長所や実際等のことが記されている可能性がありますので、ご覧ください。


さらに、このハウツーに関係する詳細説明をチェックしたい人は、以下の詳細情報が役に立つと思います。


  • 情報商品名:W2C-Dixie「ディキシー【カオスへの挑戦】MT4資産運用システム」
  • 実用教本の内容:はじめに・テクニカルレポート( http://www.trgy.co.jp/wp-content/uploads/W2C-Dixie_rep.pdf )をご査収ください。・本ソフトの販売/サポートは、金商法第37条の3に定める書面、及び法第37条の4に定める書面の契約なく行うことができません。お手数ですが「契約締結前交付書面について」をご一読いただきお申込み下さい。 要約・ エントリー/イグジットが一対の売買ロジック・ ベッティングのルールなし・ 最大同時保有ポジション数2・ 途転あり・ 両建てあり・ 週またぎあり・ トレード回数:月40回前後・ 通貨ペア:USD/JPY・ タイムフレーム:H1(1時間足)・ 勝率:40~50%前後・ 利大損小(利:損=5:3)・ 9年間の単年バックテストすべてにおいてプラス 各年損益増減一覧2005年 $10000 → $109052006年 $10000 → $121552007年 $10000 → $103952008年 $10000 → $183492009年 $10000 → $248082010年 $10000 → $145782011年 $10000 → $125022012年 $10000 → $142302013年 $10000 → $22732 売買ロジック他多くのテクニカル指標を実装。長短トレンド系テクニカル指標により、トレンド相場と比較的大きなレンジ相場をカバー。複数のオシレーター系テクニカル指標を初手エントリーのトリガーに使用。複数のボラティリティ計測テクニカル指標をフィルターとして、その精度の向上を図っている。急変動のケアを目的とし、エントリー後は必ずストップオーダーを入れるが、基本的にはその後の相場値動きの判断から自動的にイグジットは行われ、次のエントリーオーダーに備える。狭いレンジ相場を苦手とする傾向あり。過去9年間、4000回を超えるバックテストにより示された、平均利益5対平均損失3の利大損小ロジックにより、長期にわたって着実に利益を積み上げると考えられる。―――株式会社トリロジー http://www.trgy.co.jp/近畿財務局長(金商)第372号 日本投資顧問業協会会員 超絶ボリュームのバックテストが物語るその優位性… W2C-DixieがあなたのEAポートフォリオを熱
  • 販売者情報:株式会社トリロジー
  • 販売者公式ページ


上に記載の電子書籍は、infotopサービスの購入システムを活用して販売されていますが、インフォトップというサイトは、ノウハウE-BOOKのダウンロード購入会社では、最高の売り上げがある上に、信頼性も評価されているショッピングモールなので、情報商材を買うのが不慣れな人もとまどわずに買い物できるのではないかと思います。


また今後、当記事の主題のW2C-Dixie「ディキシー【カオスへの挑戦】MT4資産運用システム」に関連した情報が確認できれば追加情報を掲載するので、どうか宜しくお願いします。


【上田式】首の痛み改善プログラム ~頚椎症・頚椎ヘルニア・頚椎捻挫・ストレートネックに対応~
スポンサーサイト




[2015/06/16 08:56] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)